着物の格順 

(値段とは、比例しません)

年齢やtpoによって着られる着物が違いますよ=格

黒留袖

既婚女性の第一礼装とされるもの。 結婚した女性は、これまで着ていた振袖の袖丈を短くし、家のなかに納まるという意味があります。

ヤングミセスの留袖は裾模様の柄位置が高く、年配になるにつれ、模様の柄が裾に集中したものになっていきます。
黒字で、両胸、背、両外袖の五カ所に家紋が入ります。
tomesode-fronttomesode-back

色留袖

着物の格で言うと、色留袖と黒留袖は同格のもの。しかし、黒留袖と違うのは、未婚の女性でも着られるという点です。

黒、色留袖とも、帯は丸帯か袋帯を使い、帯締めは金銀のものを使います。
iro-tomesode-fronttomesode-back

振袖

独身女性の第一礼装です。 大振袖、中振袖、小振袖など、袖の長さにバリエーションがあり、袖丈が長いほど、格調が高い、とされています。

豪華で品格のある柄が振袖の柄の特徴で、古典的な吉祥模様(平和や寿福の願う紋様)を刺繍、絞り、金箔などで鮮やかに描きます。 帯は丸帯か袋帯を使い、帯締めは着物の柄、色に合わせて選びます。
furisode-frontfurisode-back
flower



訪問着

ミセスには、留袖に次ぐ礼装、ミスには、振袖に次ぐ礼装になります。 着物全体に模様の入ったものや、裾、左前袖、衿にかけて、一枚の絵のように乗る模様が、基本とされています。

帯は、丸帯か袋帯を着物の柄に合わせて選び、帯締めは、重みのある組みひもか、平内のものを着物に合わせて使います。
houmongi-fronthoumongi-back

小紋

気軽な外出着として、若い方から年配の方まで、幅広く楽しめる着物です。 型染の着物で、特色は柄が細かいということです。 帯は名古屋帯を使うのが、一般的です。

付け下げ

既婚、未婚を問わず、最も利用範囲の広い着物です。振袖、訪問着に順ずる格のものとしても着られます。
袖、身頃、衿の冥加すべて上向きに絵付けされているのが、特徴です。 帯は、名古屋帯でも、袋帯でもどちらでも使うことが、できます。
komon-frontkomon-back

明治時代には、学生の制服として活躍してきた袴ですが、現在では、日本の卒業式シーズンの風物詩になりつつあります。

無地に五つ紋の着物が正式とされますが、伝統にとらわれず、振袖同様、華やかに装うのも素敵でしょう。
hakama

浴衣

夏の家庭着、街着や夕方の散歩など、おしゃれ着として着られます。

単衣

5月中旬~6月初夏、9月~10月上旬。
胴裏と、はっかけの(着物の裏地)ついてないものを言います。 帯は、夏帯冬帯どちらでも使えます。
yukata-frontyukata-back
hitoe-ginu-fronthitoe-ginu-back
flower

絽、紗

7月~8月の盛夏。
麻生地で薄く、軽く透けて見える生地のもので、胴裏、はっかけ(着物の裏地)がついていないものをいいます。 帯も夏帯で、絽、紗のものを使います。

無双

衣替えの時期だけに着られる特別な着物。5月の単衣に変わるまでの2週間くらいと、10月中旬のあわせに変わる前の2週間だけに着られるものです。
houmongi-fronthoumongi-back
ro,sha-frontro,sha-back