着物のたたみ方 (本だたみー附下げ・喪服・小紋・紬など)

片山を左にして広げ、
脇の縫い目を折る。
衽(おくみ)を縫い目から
表の方へ開いて折り、
三衿を内側に折る。
衿肩明の部分で衿を
中へ折り、衽と衽を重ねる。
上前の脇縫いを持ち、
左右の脇縫いを合わせると、
身頃が重なる。
袖を一枚身頃の上に重ねて、
身丈を二つ折りにする。
もう一方の袖を下側に折る。
衿先を折らぬように。
1